【福岡・博多 天神】ヒゲ脱毛TOP > 記事コンテンツ > 痛みの小さいレーザー脱毛で博多の男性はスキンケアも抜かりなく!

痛みの小さいレーザー脱毛で博多の男性はスキンケアも抜かりなく!

一昔前と比べると、街には脱毛サロンやエステサロンの看板が増えました。世の中全体が美容に関して大きな関心を示していることの現われではないでしょうか。

博多には毛深いことを悩む女性は多くいますが、男性にも一定数います。レーザー脱毛は痛みもあると聞くし、決して安いとはいえない料金なので、足踏みしている人もいるかもしれません。料金に見合う効果が得られるのか、痛みはどうなのかといったことについて説明していくので、参考にしてください。

 

福岡のヒゲ脱毛をお探しの方はこちらから!博多・天神エリアを完全網羅

福岡のメンズ脱毛をお探しの方はこちらから!博多・天神エリアを完全網羅

プライドが高いメンズが多い?

 

福岡市の中心駅は博多駅ですし、方言も博多弁と言います。テレビのテロップに間違えて「博多市」と表示されるなど、非常に存在感の強い地域名ですが、市は存在せず、博多区があるのみです。一般的な福岡県民は福岡とは別のエリアのように考えています。

これはどういうことなのでしょうか。そもそも博多という地域が生まれたのは、759年のことです。現在の太宰府市に港が置かれ日宋貿易がスタート、九州平定と朝鮮出兵の拠点となるようにと町づくりも行われました。そして、博多商人達の尽力によって、町は国際貿易都市へと振興しました。福岡の名前が誕生したのはもっと遅く、福岡城築城開始の1601年頃です。

博多と区別するために、門番付きの石垣が設けられました。その後は「博多は商人の町、福岡は武士の町」としてそれぞれ振興していきます。

つまりは別々の町だったわけです。市町村制度が施行された1889年には、市の名前を福岡か博多かで相当言い争われました。結果、福岡市に軍配が上がりましたが、その差はわずか1票です。地域名にプライドを持っていたからこその争いだったのでしょう。この頃からプライドが高いと称される県民性が透けて見えます。

 

人気者になりたがる?博多男子の特徴

 

博多出身の男性はお祭り男で、目立つのが好きという人が多いです。また、貿易都市として発展を遂げた土地柄のためか、トレンドに敏感で、見栄っ張りの傾向もあります。

恋愛においては肉食系が多くて、女性がなびかないときは引き際が良いです。九州男児の特徴も持つので、気は長くない傾向にあるでしょう。ストレートにアプローチしがちで、恋愛の駆け引きを楽しむ人は少ないと考えられます。

それから、お酒に弱い人の方が珍しいほど酒豪が多い土地としても有名で、彼女と遊ぶより飲み会に出かけるほうが良いと考える男性は少なくありません。さらに仕事よりも遊びを優先する傾向にあります。

博多男子は、朝鮮半島南部と琉球の遺伝子を強く受け継いでいるとされています。体毛の濃さは個人差があり、山間部出身者は毛が濃い人が多いです。

近年は男性の美容意識が高まっており、スキンケアを行う人は珍しくなくなってきました。エステ代やスキンケア代などにかかる「その他の理美容代年間支出金額」の調査では、福岡市は全国平均を上回っていました。この調査は男女一緒なものの、男性の美容意識も決して低くはないことが想像できます。そして、2030代男性の美容面での悩みで上位に入るのが、髭の濃さです。

毎朝剃っても夕方になると口元が青々してくる人などは困るでしょう。プライドが高いとも言われる博多男子は、多少高額でもレーザー脱毛を行う人が多い様子です。

 

博多でレーザー脱毛できるところは?

 

レーザー脱毛は医療行為につき、医療機関でのみ行えます。博多では主に皮膚科や美容皮膚科、美容外科で行われています。博多はもちろん、全国的に男性専用脱毛サロンが増加しており、スキンケアがトレンドになっていることが分かります。しかし、サロンで行えるのは光脱毛で、レーザー脱毛とは別物なので注意してください。

クリニックでレーザー脱毛を行う人は女性が多いので、受診しにくいという人は、男性専用の美容外科を選ぶといいでしょう。博多には一軒あり、美容がトレンドではなく、定着していることがうかがえます。このクリニックは完全予約完全個室で、他の人に悩みを聞かれることがないので安心です。医療機関のため、無理な勧誘や商品販売などが無い点も安心感に繋がるのではないでしょうか。

初回のカウンセリングは無料のため、まずは相談して料金や施術内容、効果に対して納得できてから契約を結ぶといいかもしれません。もし契約してから止めたくなったら、契約日から8日以内であればクーリングオフが可能です。

なお、条件は契約期間が1ヶ月以上、契約金額が5万円以上です。レーザー脱毛でしっかりとした効果を得ようとするなら、個人差や部位による違いはあるものの、1年から2年は期間を要します。毛周期に合わせて、2ヶ月から4ヶ月空けてレーザーを照射していくのが効果的です。ですから、1回だけの契約ではクーリングオフできませんが、2回以上の契約だと適用されます。また、大抵のクリニックでは、1回、5回、10回と回数設定しています。

 

レーザー脱毛は何回受ければ効果が出る?

 

博多にある男性専用美容外科ではダイオードレーザーを導入、これは広く医療脱毛に用いられている機器です。濃い毛はもちろん、産毛にも反応するので、ツルツルの肌にすることも可能です。でも、ツルツルの状態は求めていないという場合は、毛量調節も可能なので、安心してください。

例えば、一部の髭を薄くしたり無くしたりといったこともできるので、トレンドの髭デザインも思いのままです。また、髭が薄くなればスキンケアも楽になるでしょう。髭脱毛の場合は、パッチテストとクールダウンの時間を含めて1時間ほどで施術が終わります。仕事や学校のお昼休みを利用して施術を受けることも可能かもしれません。

レーザー脱毛で心配なのが痛みかもしれませんが、このクリニックでは高性能冷却装置付きの機器を使っているので、痛みは最小限に抑えられています。それでも痛みに弱いと言う人は、麻酔クリームを使ってもらうといいでしょう。

この痛みは、毛根を破壊するために起こる痛みです。毛根が破壊されると毛が生成されなくなり、永久に生えてこなくなります。施術を3回受けると大体3割から4割減毛できて、5回受けると5割から6割減毛できます。12回施術を受けた程度では効果を感じにくいです。肌と毛の色のコントラストがはっきりとしている色白の人は、効果が現れるのが早いでしょう。

 

まとめ

 男性美容のトレンドを受け、博多には男性専用クリニックやサロンが幾つか開院しています。もし髭などが濃くて、毎日のスキンケアに困っている人がいれば、医療機関で行うレーザー脱毛をおすすめします。光脱毛でも効果はありますが、レーザーのように永久脱毛できるわけではありません。

痛みが強いというのが通説だったレーザーは、頻繁に改良され、新しいタイプもどんどん出てきています。効果は上がっているのに痛みを抑える工夫がなされているため、高い料金を支払うだけの効果が期待できるでしょう。それに医師が行うので、麻酔が使え、火傷などのトラブルに即対応してくれるところも安心です。