【福岡・博多 天神】ヒゲ脱毛TOP > 地域コンテンツ > 福岡で痛みの少ないヒゲ脱毛といえば絶対ココ!必見の2店舗を紹介!

福岡で痛みの少ないヒゲ脱毛といえば絶対ココ!必見の2店舗を紹介!

「福岡で痛くないヒゲ脱毛ができるところある?」

「ヒゲ脱毛の痛みを和らげる方法ってないの?」

この記事でわかること!

ヒゲ脱毛はしたいけど痛いのはムリ!
痛くないヒゲ脱毛なんて福岡にあるの?


ヒゲ脱毛が痛い理由
…どのくらい痛いの?なんで痛いの?

痛みの少ないヒゲ脱毛サロンはどこ?
…独自開発機材で痛みが最小限に!おすすめサロン

 

<目次>
ヒゲ脱毛が痛い理由
 体験者にしかわからない痛み、、なぜ痛い?
最も痛みが少ないヒゲ脱毛方法とは
 「光」「医療」「ニードル」違いは?
ヒゲ脱毛の痛みを少し減らす方法
 試してみたい5つのこと
ヒゲ脱毛のリスクとデメリット
 痛みだけじゃないマイナスポイント
ヒゲ脱毛サロン・クリニックの選び方
 サロン選びに役立つポイント
福岡でおすすめの痛みの少ないヒゲ治療
 当サイト一押しのサロンをご紹介!

 

ヒゲ脱毛は本当に痛いのか?
痛みが発生する理由とは

ヒゲ脱毛を行うと、ヒゲがなくなるだけでなく、

・ヒゲ剃りによる肌トラブルからも解放

・され、肌が明るくキレイになる

・若く清潔感のある見た目になる

こんなメリットを求めて、いま福岡でも若い男性を中心に広まりつつあるヒゲ脱毛ですが、ヒゲ脱毛を検討している方の中には施術時の“痛み”に不安がある方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、

完全な無痛のヒゲ脱毛は不可能!痛みが苦手な方は要注意!


です。

脱毛の方法によって、痛みの種類や度合いは変わりますが、全くの無痛でヒゲ脱毛を行うことはできません。

このヒゲ脱毛の際に生じる痛みの原因はずばり、皮膚の下の神経に医療レーザーや電気が流れることで発生します。

では、何故ヒゲ脱毛は他の部位の脱毛と比較しても特に痛いのでしょうか。

ヒゲ脱毛が脱毛の中でも特に痛い理由

顔の皮膚は他の部位よりも敏感である

顔の皮膚は薄く、特に鼻下は神経も集まっているので、他の部位よりも敏感であると言えます。

ヒゲは他の毛と比べて、太くて毛根が深い

ヒゲは他の毛と比べて、太くて毛根が深いので、脱毛の際に他の部位の脱毛と比べてより強い光のパワーが求められることになります。

ヒゲは他の毛と比べて、密集している

ヒゲは他の毛と比べて、密集しているので、脱毛をする際には必要な光を照射する回数がより多く求められることになります。

以上の理由から、

ヒゲ脱毛は他の部位の脱毛と比べて痛みが強い


痛みに敏感な人は、なるべく痛みの少ない方法でヒゲ脱毛できる店舗を選んだほうが良いといえるでしょう。

福岡にはヒゲ脱毛の方法はどんなものがある?
最も痛みが少ない方法は?

福岡でのヒゲ脱毛には、以下の3つの方法が主流です。

それぞれの方法とその痛みの強さについてお伝えします。

ヒゲ脱毛の方法その1 フラッシュ(光)脱毛



フラッシュ(光)脱毛とは、脱毛したい部分にジェルを乗せて、皮膚の浅い部分にある毛乳頭に弱めの光を広範囲に渡り照射することで全体的に脱毛を促す施術方法になります。

光を受けた黒い毛は約1〜2週間かけて体外に排出され、回数を繰り返すことでムダ毛が少なくなっていく仕組みです。

フラッシュ(光)ヒゲ脱毛の痛みについて

光を分散させて照射できるので、他の方法よりも肌へのダメージが少なく、痛みも感じにくい方法といえます。


一方で、一回当たりの効果は、後述する他の方法より小さく、効果を実感できるまでにより多くの回数が必要になります。

メリット:比較的痛みが少ない。1回あたりの料金が安価
デメリット:1回あたりの効果は他の方法より小さい。効果を実感するまでに回数がかかる

 

ヒゲ脱毛の方法その2 医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、ピンポイントでレーザーによる強力な光を直接的に照射することで、毛髪の再生機能を壊して脱毛を行う方法です。

光脱毛に比べて、1回あたりの効果が高く、永久脱毛には適した施術方法といえます。
医療レーザー脱毛で使用する器具は、医療器具とされており、医師が在籍する医療機関でのみ利用が許可されています。

医療レーザーヒゲ脱毛の痛みについて

強い光を用いるため痛みを伴いますが、近年は脱毛機器の性能が向上し、以前に比べると痛みは軽減されてきています。


医療機関で実施するため、施術時に麻酔を用いることも可能です。

メリット:医療機関で施術という安心感、麻酔の使用が可能、1回あたりの効果が光より大きい
デメリット: 光脱毛に比べて痛みを伴う。レーザーの出力が強い分肌トラブルが起きやすい

 

ヒゲ脱毛の方法その3 ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に電気針を刺して、微弱な電流で毛根を破壊することにより、二度と毛が生えてこないようにする施術方法です。

一本一本、確実に処理をしていくので、デザインヒゲが行いやすいことでも知られています。

ニードルヒゲ脱毛の痛みについて

毛穴に直接ニードルを刺すので、光脱毛やレーザー脱毛とは比にならないほどの強い痛みがあり、痛みに耐えられない方にはお勧めできません。


レーザー脱毛が登場するまでは主流の脱毛法で、脱毛サロンで行うことができます。

メリット: 脱毛効果が高く二度と生えてこない、デザインヒゲが行いやすい 
デメリット: 痛みが強い(麻酔の使用も不可)、1回あたりの料金がほかの方法より高い

 

【結論】最も痛みの少ない方法は、フラッシュ(光)脱毛

ヒゲ脱毛の方法別に、痛みの少なさ、1回あたりの料金、効果を実感できるまでに必要な回数で比較すると以下のようになります。

方法 痛みの少なさ 1回あたりの
料金
効果を実感できるまでの回数
光脱毛
医療レーザー脱毛
ニードル脱毛

 

ヒゲ脱毛は、いずれの方法でも多少の痛みをともなうものですが、最も痛みの少ない方法は、脱毛サロンで行うフラッシュ(光)脱毛になります。

ヒゲ脱毛の痛みを和らげる方法

ヒゲ脱毛はどうしても痛みを伴うものですが、少しでも痛みを和らげる方法についてお伝えします。

方法1
麻酔を使用する(※医療レーザー脱毛に限る)

ヒゲ脱毛の施術時の痛みを和らげる方法の一つとして、麻酔を使用することが挙げられます。

麻酔には、

・麻酔クリーム(肌の表面に塗るクリームタイプの麻酔。塗布してから約30分後、効果が現れる。)

・笑気麻酔(ガスタイプの麻酔で、特殊な機械で吸入して使用する。)

 

の2種類があります。

ただし、医療機関で行う医療レーザー脱毛の際にのみ、施術時に麻酔を使用することができます。

方法2
メディオスターによる施術を選ぶ(※医療レーザー脱毛)

メディオスターは医療用レーザー機の1つで、従来の機器とは違い、『毛の元になる部位』を破壊して脱毛する機器になります。

『毛の元になる部位』は、毛根よりも皮膚の浅いところにあるので、医療レーザーの出力を抑えることができ、他の医療用レーザー機よりも痛みが抑えられる効果があります。

ただし、それでも痛みの強い医療レーザー脱毛なので、完全に痛みを消すのは無理といえるでしょう。

方法3
施術前に肌を綺麗に保つ

肌の炎症があると、施術時により痛みを感じやすくなってしまうため、日頃から保湿や正しい洗顔を行うことで肌を綺麗に保っておくことも痛みの軽減につながります。

痛みだけじゃない!
ヒゲ脱毛をすることのリスクやデメリットは?

ヒゲ脱毛のリスクやデメリットとして、「痛み」が真っ先に思い浮かぶかと思いますが、ヒゲ脱毛を行うことによるリスクやデメリットは他にもまだまだあります。

全てをきちんと把握したうえで、あなたにあったヒゲ脱毛サロン・クリニックを選ぶことも重要です。

ヒゲ脱毛のリスク1
施術による肌トラブルが発生することもある

光脱毛・医療レーザー脱毛とも、強い光レーザーを肌へ照射するので肌への負担が大きく、肌が火傷状態になったり、ニキビができたりするなどの肌トラブルが発生する可能性があります。

特に医療レーザー脱毛は光がより強いのでその分肌への負担も大きくなります。

ただし、『肌への負担が少ない脱毛機』を導入しているお店もあるので、

肌の弱い男性は、肌への負担の少ない脱毛店を選ぶことが重要

 

ヒゲ脱毛のリスク2
脱毛効果を実感できるまでに、一定の回数・期間が必要になる

ヒゲ脱毛は1回施しただけで完了するものではありません。

どんなに効果の高いお店でも数回~十数回の施術回数が必要となり、その回数だけサロン・クリニックに通わなければならないので、通いやすさも重要です。

ヒゲ脱毛は何回も施術が必要!通いやすい店舗選びが重要!

 

ヒゲ脱毛のリスク3
費用がある程度かかる 

脱毛の施術は、たとえ医療機関で行ったとしても、医療保険がききません。

サロンで施術を行うにしても、何回も通う必要があります。

ですので、ヒゲ脱毛を実施するには、ある程度まとまったお金が必要になってきます。

ただし、月払いや分割払いが可能なサロン・クリニックもあるのでチェックしてみましょう。

ヒゲ脱毛にはまとまったお金が必要!無理のない支払計画を立てましょう!

 

福岡でヒゲ脱毛をするサロン・クリニックを選ぶ際にどんなことに注意したらよい?

実際に、ヒゲ脱毛を行うサロン・クリニックを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

ヒゲ脱毛選びの注意点1
料金体系だけで考えるのは危険

ヒゲ脱毛は、肌にダメージを与えるものでもあるので、料金体系だけで考えるのは危険だと言えます。

たとえ安くても痛みが強くて通い続けることができなかったり、肌のトラブルが起きてしまいヒゲ脱毛をやめてしまったり、ということが無いように、痛みの強さや肌への負担等も考慮してサロン・クリニックを選んだほうが良いでしょう。

ヒゲ脱毛選びの注意点2
予約が取りやすいかチェック

ヒゲ脱毛は効果を実感するまでに何回も通うことになるので、予約の取りやすさも重要といえます。

予約を取るのが困難なサロン・クリニックだとヒゲ脱毛の効果を実感できるまでの期間が長くなってしまうため注意が必要です。

ヒゲ脱毛選びの注意点3
無料カウンセリング、体験脱毛を積極的に!

福岡ではお試しプランのあるヒゲ脱毛サロン・クリニックや、無料カウンセリングを実施しているところも多数あるので、実際に一度カウンセリングやヒゲ脱毛を受けてみてから、どのサロン・クリニックに通うのか決めるのも一案です。

特に初めてで不安に感じているかたは積極的に利用してみてください。

ヒゲ脱毛選びの注意点4
痛みに耐えられるのか、通い続けられるのか

本記事のテーマでもあるヒゲ脱毛の「痛み」

やはりここを無視してヒゲ脱毛をすることはできません。実際どれくらい痛いのかを体感するのが最も良いので、パッチテストを実施してるサロンに脱毛体験をしにいってみましょう。

福岡で痛みの少ないヒゲ脱毛はどこでできる?

ヒゲ脱毛は、他の部位の脱毛と比べて痛みが強いので、痛みに敏感な人は、最も痛みの少ない方法である、光脱毛による施術を行うサロンを選ぶことをオススメします。

福岡で痛みの少ないヒゲ脱毛なら、
RINX福岡博多店、RINX福岡天神店!

光脱毛による施術を行うサロンの中でも特におすすめするのは、メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)です。

福岡のほかのメンズ脱毛サロンやクリニックと大きく違うポイントは、自社で開したオリジナルの脱毛機で施術を行うところです。

  ▼ポイント①:自社で開発したオリジナル脱毛機

このイノベーションという脱毛機は、日本人の太くて黒い毛質に合わせて開発され、高い脱毛効果がありながらも、照射面の瞬間冷却機能により、痛みを確実に減らすことを可能にした脱毛機です。

  ▼ポイント②:スタッフ全員がメンズ脱毛経験者

RINXはメンズ専用の脱毛サロンなので、お客さんが男性しかいないことは当然ですが、なんとスタッフも全て男性となっています。

更に、スタッフ全員が脱毛経験者であるため、毛深いことをコンプレックスに感じている方や、実際に脱毛を始めたらどんな風に毛が減っていくのか気になる方など、どなたでも気兼ねなく相談することができます。

必ず男性スタッフが対応してくれるというのは、RINXの魅力の一つと言えるでしょう。

  ▼ポイント②:無料カウンセリング・脱毛パッチテスト

RINXでは、RINXへの来店や脱毛が初めての方向けに専任カウンセラーによる無料のカウンセリング・脱毛パッチテストを実施しているので、どのくらい痛いのか確認してからヒゲ脱毛をスタートすることができます。

福岡エリアには、

 RINX福岡博多店

 RINX福岡天神店

の2店舗があり、いずれもアクセスしやすい好立地にあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、通いやすい店舗を選びましょう。

お得なキャンペーン情報や脱毛技能士の紹介もありますので、是非

公式ホームページもチェック

してください。

RINX(リンクス)福岡博多店の基本情報

サロン名 RINX(リンクス)福岡博多店
電話番号 092-260-8600
URL https://mens-rinx.jp/salon/hakata?argument=9bE7q5Q5&dmai=R_ade_c_0013
住所 福岡県福岡市博多区博多駅東1-10-35 CLUB博多駅東オフィスビル7階
アクセス JR博多駅 徒歩1分
営業時間 12:00~21:00(平日)、11:00~20:00(土日祝)
休業日 火曜日
RINX福岡博多店公式ページ

RINX(リンクス)福岡天神店の基本情報

サロン名 RINX(リンクス)福岡天神店
電話番号 092-791-6711
URL https://mens-rinx.jp/salon/tenjin?argument=9bE7q5Q5&dmai=R_ade_c_0014
住所 福岡市中央区天神3丁目16番24号 ハーツ天神ビル5F
アクセス 地下鉄空港線天神駅 徒歩1分
営業時間 12:00~21:00(平日)、11:00~20:00(土日祝)
休業日 水曜日
RINX福岡天神店公式ページ

福岡ヒゲ脱毛・メンズ脱毛
おすすめTOP5

福岡のメンズ脱毛サロン・クリニックを徹底調査し、おすすめTOP5を料金・評判・口コミ・体験談をベースに厳選して紹介しますので、こちらも合わせてご覧ください。